インプレ

初心者向けアジングロッド選び方

アジングロッドってめちゃくちゃ種類ありますしいろんなメーカーから出ていてどれを選べばいいかわからないと最初は思いますよね。自分も何度も買い替えたりいろいろと試してきました。

今回は初心者の方向けに送る私なりのアジングロッドの選び方、おすすめをお伝え出来たらなと思います!

 

この記事で学べる事

・アジングロッドに求められるもの

・長さについて

・チューブラーとソリッド

・おすすめ

1.アジングロッドに求められるもの

アジングロッドで求められるもので一番重要なのが繊細さです。

アジングでは1g前後のリグを扱うことが多いのでどうしても繊細じゃないと投げにくかったり、操作がしにくくかったり、魚からの当たりが取りにくかったり・・・

ので少々道具依存な釣りになってしまうのがアジングという釣りです。

特にアジングのようなライトゲームはお金をかければかけるほど変化が出るような釣りだと思います。もちろん私がいま使っている34のロッドから月下美人のスタンダードなロッドを使っても全然釣ることは可能ですし、絶対的にお金をかけないといけないかというとそうでもありません。どうしても下のクラスのロッドで取り切れない当たりや変化を感じ取るためにハイエンドクラスのロッドを買うという考えですかね。

アジはその時のタイミングやポイント、ベイトや状況次第で釣り方や狙い方に対する考えかたが変わるような釣りで、めっぽう渋い状況だとテンション抜けの当たりや、触ったか触ってないかよくわからない変化などどうしても繊細じゃないとかけるのが難しい時があります。自分の今のロッドはアジが近くにいる水流を感じ取ることができます。

私もそんなめちゃくちゃベテランでアジングが凄く上手いかといわれると自信ないですが、ここら辺まで来るとアジングがさらに楽しくゲーム性が上がるなと思う次第です

のでアジング本気でしようと思ってる方は少々お金をかけてもいいかもですね!

2.長さについて

アジングロッドにも4フィートから8フィートなど幅広い長さのものがあります

基本的な考え方としたら

短い:足場の低い所、小場所、シャロー、湾奥、ジグ単専用

長い:足場の高い所、風が強い時、ロングキャストが必要、フロートを使用

などそのシーンに合わせて決めるのが一般的です

どのポイントも1本で済ませたい方は6フィートほどのを買うといいでしょう

ちなみに豆知識なんですが、短いほうが感度は上がり、長いと感度は落ちます

ロッドには必ず投げれる重さのキャパがあります!これは絶対に守りましょう

05~2gのキャパに対して4gとかのリグを投げて折れた場合保証などが効かない

3.チューブラーとソリッド

ロッドにはチューブラーとソリッドというものがあります。その他にチタンなども。。

この記事ではチューブラーとソリッドについて解説します

まずチューブラーの特徴なんですが、チューブラーはティップ(ロッドの先端)が空洞になっています。ので一般的には感度が高いといわれているのはチューブラーです。弾くような当たりがとりやすい?感じで反響感度が高いといわれています。

そしてソリッドはティップが詰まっています。その為チューブラーより細く作られていることが多いです。そうなると何が変わってくるかというと、潮の変化やテンション抜けなどの些細な変化をとらえやすく荷重変化を取りやすいといわれています。

ですがよくチューブラーのほうが感度がいい!と聞きますが私的にはそうでもないと思っています。ここから説明していくだいぶ長くなるので結論から言うと

好み!!!!w(どちらかというとソリッドがおすすめ)

私はメバルもアジもソリッドが基本です。

プラグなどを使う釣りはチューブラーという考えです。

3.おすすめ

上記を踏まえてアジング初心者の方にお勧めするロッドはこちら

これであれば脱初心者は余裕でしょう

こっちは少し値は上がりますがメバルもしたい人にお勧めです。長さも少しあるのでできるポイントは増えそうですね

こっちは私の愛用ロッドです。めっぽう渋い状況で真の性能を発揮できます。
テンション抜け、アジの水流、潮の変化、など慣れれば容易に感じ取れます。

まとめ

・繊細さが重要
・長さは場所に応じて。万能6f
・チューブラーソリッドは好み
・出来るだけ良いものを

 

それでは皆様、楽しいアジングライフを!!!!

迷わないアジングワーム選びジグヘッドに続いてこの記事ではアジングのワームの選び方について説明したいと思います。 アジングワームは各メーカーから沢山出ているし...
ABOUT ME
kirkculture
釣り歴10数年の経験の元いろいろと役に立つ情報を発信できたらなと思ってます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です