インプレ

アジングのジグヘッドオススメ

アジングのジグヘッドは各メーカーから沢山発売されていて何を買ったらいいかわからない。アジを沢山釣っている人はどういうジグヘッドを使っているんだろう?という悩みを抱いている方に向けての記事となっております。

かずお
かずお
沢山あるもんね~!

私も最初はかなり迷いネットやSNS,プロの方の釣り方などを見ていろいろと試してきました。それで行き着いたものを紹介します。

 

本記事の内容

・私なりのアジングのジグヘッドを選ぶ基準

・オススメのジグヘッド

1.私なりのアジングのジグヘッドを選ぶ基準

基本的にアジングのジグヘッドで求められるものとは

・貫通力

・フックの強さ

・重さや形状

私はこの2点を一番意識しております。

貫通力

アジの当たりの出方というのは面白いようにいろんな出方があります。渋い状況とかだと一瞬触ったか触ってないかというくらい繊細な当たりがあります。そういう時に貫通力のあるジグヘッドだと思ったようにフッキングできることが多いです。

仮に貫通力のないジグヘッドでそのような渋い当たりをかけるときストレスを感じてしまうことってあると思います。ですが貫通力の高いジグヘッドであればそのような当たりをも掛けれる確率はあがります。

フックの強さ

針自体にも曲がりやすいフックや不意の大物にも曲がりにくく沢山アジを釣ってもびくともしないフックというものがあります。

20センチのアジとはいえそれを30匹や50匹も釣っているとだんだん曲がってくるようなフックはよくあります。どうせならまた使いたいですし長持ちするフックのほうがいいですよね。

・貫通力があるとアジの繊細な当たりをより多く掛けられる

・フックが強いと沢山釣ったときや、不意な大物にも曲げられにくくなる

重さや形状

ジグヘッドにはスローにフォールさせるような形状のものや、TGなどで飛距離と沈下速度を上げる方法などがあります。ご自信の狙い方に合った重さや形状を選んでいただければなと思います。ちなみに渋くアジも少ない状況であればゆっくりフォールさせるといいですし、逆に沢山アジが入っていて活性が高いようであれば重く速いフォールスピードでも問題ないかと思います。

2.オススメのジグヘッド

上記を踏まえてオススメなジグヘッドを紹介したいと思います。これらは私も愛用しております。

フックが頑丈で貫通力が非常に高いです。リトリーブからキレの良いダートも可能で
フックの先端が少し内向きになっているため攻めにくいポイントでも有利なジグヘッドです。
ちなみにこちらのショップリンクから飛ぶと検索一覧画面で AJI KILLER (速)
というものが別にあると思いますがこちらも結構オススメで面白いジグヘッドです。
フックの先端がやや外向きになっているのでアジが吐き出しにくく、渋い状況でも掛けることに特化したジグヘッドです。
どちらも持っていても面白いですね!
そして次はフックの強度は普通だが貫通力に特化したジグヘッド
こちらは土肥富オッズより レンジクロスヘッド。
自分はどちらかというとこっちのほうが使用することが多いですね。(こちらのアジが小さいのでそこまで頑丈さを求められていない為)
このジグヘッドには本当にお世話になりました。どこまで掛けちゃうの??ってくらい思うようにアジを掛けまくれてお店の在庫全て買い占めたことあります・・・
貫通力がありすぎてリーダーを結ぶときに指に引っかかったり衣類に簡単にぶっ刺さるので注意
それほどシャープな針先となっております。
上記のジグヘッドを駆使して釣ったアジです。とくにレンジクロスヘッドのほうはコアなアジンガーの方に人気がありますね。私の周りでも使っている人は結構います。
是非使ったことない方は買ってみてはいかがでしょうか!!
要点まとめ

・貫通力の高いフックはより多くの当たりをものにできる
・フックの強度があることで沢山アジを釣ったり、不意の大物にも曲げられる可能性が減る
・重さや形状は状況に応じて変えよう

それでは皆様良い釣りライフを!

迷わないアジングワーム選びジグヘッドに続いてこの記事ではアジングのワームの選び方について説明したいと思います。 アジングワームは各メーカーから沢山出ているし...
ABOUT ME
kirkculture
釣り歴10数年の経験の元いろいろと役に立つ情報を発信できたらなと思ってます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です