インプレ

アジングXはアジング入門にピッタリ!コスパも良し

本記事ではDAIWAから発売されているアジングXに迫りたいと思います。

実売価格は1万円を大きく下回るお手頃価格ではあるが、ダイワライトゲームの月下美人シリーズの設計思想を受けて作られたロッドとなっており、これからアジングを始めようかと思っている方にオススメするロッドなので気になっている方は是非目を通していただければなと思います!

本記事の内容

・アジングXとは?

・アジングXの性能

・オススメする理由

・まとめ

1.アジングXとは?

アジングXとは大御所釣りメーカーDAIWAから発売されているアジング用のロッドで、見た目も性能も月下美人譲りに作られております。

流行の最先端を行く調子を驚きの価格で

ライトSWルアーフィッシングの最先端を行くダイワのトップブランド「月下美人」の設計思想から生まれたアジングロッド。目に見えないロッドのネジレを抑制してパワーと操作性を向上させる「ブレーディングX」にダイワオリジナルリールシート、上位機種にも引けを取らないデザインなど、仕様も充実。手軽に始められるアジング入門にうってつけのシリーズ。

出典:http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/ajing_x/index.html

と低価格ではあるがしっかりと作りこまれており、使い勝手の良さから多くのアングラーから人気を誇っているロッドです。

握りやすいダイワオリジナルシートにアジの当たりを明確にとらえることのできるティップ、ブランクスの最外層にはX状に締め上げられた「ブレーディングX」が採用されていることによってロッドの捻じれを抑えられる設計となっておりキャスト時には無駄なブレなどがあまりないロッドです。

2.アジングXの性能

アジングXにはいくつか種類があります。

59UL-S アジングの基本となる軽量ジグヘッドの使用を想定したベーシックモデル。
68L-S ジグヘッド専用モデル。1g~2gがベスト。レングスも若干長めに設定してあるためスプリットやキャロの釣りにも対応
72L-S ジグヘッドにも使えるが、どちらかと言えば遠くへ飛ばしたい人向けのキャロ、スプリット対応ロングロッド。

出典:http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/ajing_x/index.html

59UL-Sはアジングでの基本、ジグヘッド単体を扱うのに向いております。ジグヘッド単体でアジングをされるようであればこれで間違えないかと思います!ジグヘッド特化タイプってところですね。

レビュー
レビュー
★★★★★
1000番代のレブロスとPE0.3号のアーマードラインと使用し、アジングやメバリング、ガシリング??に使用しています。竿先は繊細でよく拾います。キャスティングも普段使っているメジャークラフトのシーバスロッド9フィート&ソルパラ20gジグと比べても、4グラム程のジグヘッドでも飛距離は互角です。安く見た目も良く飛距離も凄いので満足です。
出典:amazon

68L-Sもジグヘッド専用モデルとなっていますが68UL-Sに比べると投げれるリグの重さもさらに重いものを扱えて尚且つ長さがあるので足場の高いようなところなどでも活躍します。長い分59UL-Sより飛距離は出ますし、キャロなども扱えるようなマルチタイプって感じのロッドです!

レビュー
レビュー
★★★★★
初心者にはぴったり!海釣りを始めるにあたり購入しました。十分な強度と竿先のしなやかさも満足しています。いままでは、渓流のルアー釣りのみでしたが、キャストした時の感覚もしなりも十分な手ごたえでした。あとは釣果が追いつけば大満足です(笑)

72L-Sは公式ではジグヘッドも扱えると書いてありますがさすがにオススメはあまりしません。この長さを使用するときは完全にキャロなどを投げるときに使ったり、飛距離だけを考えるようであればいいでしょう。

3.オススメする理由

このロッドをお勧めする理由はまず圧倒的低価格という点。

釣りにおいてどのポイントも同じような条件のポイントってそこまでないと思うんです。こっちは足場が高く水深もあるけどあっちは足場も低くてシャローなエリア。

そのような状況下でロッドを使い分けているアングラーというのは結構多く見受けられます。そういう差別化をして使い分けすることによって更なる釣果を得られることもありますし、そういう分析をしながらやる釣りっていうのはゲーム性もあり攻略感が出るんではないかと私は思います。

その際に高いロッドを何本も買うのは懐的にきついという時にこのようなロッドが役に立ちます。

私最初に使ったアジングロッドが59UL-Sだったんですが正直当時は友人の月下美人とは何が違うのかわからないレベルでした。

感度にこだわりジグヘッド単体のアジングをされるようであれば59UL-Sで間違えないと思います。まず最初にアジングをやってみたく、低予算でお考えであれば超おすすめです。失敗はしないと思いますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?アジングX,低価格ではあるが月下美人の設計思想から生まれた

コストパフォーマンスに優れたロッド。皆様も購入してアジングデビューしてみてはいかがようか!

それでは良い釣りライフを!!

 

ABOUT ME
kirkculture
釣り歴10数年の経験の元いろいろと役に立つ情報を発信できたらなと思ってます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です