釣り

ボトムチニングのオススメルアーと狙い方

近年ブームになりつつあるチニング

ハードルアーでトップで狙ったりワームを使用したりと様々な狙い方があるチニングですが今回私がやっている簡単に手堅くチヌを釣ることができるボトムチニングというものをご紹介したいと思います!

この記事を読むことで実際に釣っている私のやり方を学べます。

本記事の内容

・チニングとは?

・チニングタックル

・ボトムチニングのオススメルアーはこれ

・狙い方

・まとめ

1.チニングとは?

チニングとはチヌ(黒鯛)をルアーを用いて狙う釣法です。チヌは豪快にルアーにアタックしてきたり乱暴でパワフルな引きが魅力的で近年ブームになりつつあります。割とどこでも釣れるような魚なのでどなたでも直ぐに始めれるのも人気な理由ですね。

今現在では各メーカーからも専用タックルや専用のルアーなども発売されており、メバリングに並んで人気な釣りとなっております。

チニングには種類があり、フローティングタイプのルアーを用いてトップで狙うトップチニング、こちらは基本的にデイゲームでの釣りとなります。

そしてもう一つはボトムチニング、ラバージグのようなものでボトムを転がしたりダート、リフトアンドフォールなどで狙う釣りです。

本記事ではボトムチニングを紹介します。

2.チニングタックル

チニングタックルは専用としてメーカーから発売されているものもありますが、エギングタックルやシーバスタックル、メバリングタックルで流用されている方もいます。

ロッド

基本的にロッドは7~8f前後の長さで硬さはML~Mがおすすめです。

リールはロッドに応じた2500番などでいいでしょう。

チニングで掛る魚の種類なんですが、本当にこの釣法は外道祭りで

シーバス、キジハタなどの根魚全般、真鯛、青物まで食ってきますので、あまり弱いタックルはオススメしません。

広範囲に散らばったクロダイを素早くリサーチ、手付かずのポイントへのアプローチ可能。ボトムに時折りコンタクトさせながら底付近をただ巻きで攻略するボトムゲームから、ポッパーによる誘い出しゲームも両方最適なオールラウンドモデル。感度重視の高弾性カーボン&チューブラ仕様でアタリ感度はもちろん、底質感知能力に長けた、ファーストテーパーの掛け調子。

https://www.purefishing.jp/product/rod/abugarcia/salt_rod/salty_style/salty_style_kurodai.html

リール

オススメリールはこちら。外のサイトではハイギアやSHIMANOサイズでの2500番を推奨しているところがありますが私はお勧めしません。

ギアはノーマル。ハイギアしか持ってなくてわざわざ買わないといけないの!?ってことはないです。

番手はDAIWAで2500番もしくはLT3000番、SHIMANOで3000番がいいでしょう。

正直こちらのリールのほうがいいかもしれませんね。最近SHIMANOから発売されたストラディック。この値段でフラッグシップモデルに匹敵しそうなレベルのリールです。
マイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブによる滑らかなリーリング
上位機種同等の新設計HAGANEギアを搭載したことによってワンサイズ上ギアの強度
もちろんHAGANEボディやリーリングの滑らかさと防水性を備えたXプロテクト
ステラとヴァンキッシュに搭載されている飛距離の伸びるロングストロークスプールなど
言ったら切りのないくらいこの価格ではやりすぎな性能を持っています。
汎用リールなので全部の釣りにこれ導入してもいいんじゃないかと私は思いました。

3.ボトムチニングのオススメルアー

それでは私が使用しているボトムチニングルアーをご紹介します。

私はこのルアーで幾多の魚を釣ってきました。正直これ1つで何とかなるレベルです。
ラバージグではあるがヘッドの形状的に鋭くロッドをアクションすることによってダートします。ラバーとワインドが複合されているからこそチヌ以外の様々な魚種が釣れますし、状況に応じてずる引きしたり、リフトフォールさせたりダートさせたりスイミングさせたり。。。
本当有能なルアーです。
もし根が多い所でしたらこちらの兄弟的存在
〈ジグラバー・スルー〉のシンカーは遊動式でバラしにくく、高感度。魚に違和感を与えずヒットに持ち込みます。また、保護パイプを採用することで、ラインへのダメージを最小限に抑えます。

チニングトレーラーワームオススメ

ジグラバーにピッタリなワームはこちら

JACKALLから発売されているグッドミールクロー。うさみみのようなかわいいワームです。

少し集魚性を上げる為か臭いがします。最近マイブームのワームです!

またしてもJACKALLでクローではなくシャッドテールです。クローで反応がない時に変えてみるといいでしょう。スイミングさせるときにいい動きをします。

4.狙い方

それではジグラバーを使用しての狙い方を説明します。

まずポイントは河口、漁港など基本的にどのような場所でも釣れる傾向があります。

私は石川県の能登でやっていますが砂地で藻があり、急激なブレイクのあるようなところです。

肝心な狙い方は

・ボトムをずる引き

・着底してから2、3回ダートさせてフォール(繰り返し)

・スイミング

となります。その状況に合わせたやり方がいいと思います。自分は基本的に2、3回ダートさせてからフォールさせ、着底したらまたすぐにダートさせるのを繰り返しています。

やる気のある魚がそこに居たら食ってくるのでもし反応が無ければドンドン足で稼いで投げまくりましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?ボトムチニング、割と難しく考えなくとも釣れますしいろいろな魚種が釣れるのである意味坊主逃れ的な存在かもしれませんね!

余談ですが私はこの記事を書いている前日にこの上記のやり方で70cmUPの真鯛を釣りました。

こういうこともあるので油断は禁物です!

私はもとより真鯛を狙っていましたがやっていることはチニングと変わらないですので大き目のネットはあったほうがいいかもしれませんね(笑)

それでは皆様良い釣りライフを!

かずお
かずお
真鯛美味しかった~
ABOUT ME
kirkculture
釣り歴10数年の経験の元いろいろと役に立つ情報を発信できたらなと思ってます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です