道具

釣りに手袋(グローブ)は必要?手袋の重要性とオススメ

こんにちはかずお(@kirkculture)です。

今回は釣りで使用する手袋(グローブ)についていろいろとお話したいと思います。

結論釣りに手袋はつけたほうがいいです!

その理由や重要性とオススメもご説明します。

釣りでつける手袋の重要性

皆さん釣り場でたまに手袋をつけている釣り人を見かけたことはないでしょうか?

着けているだけで玄人感は出ることはもちろんのことではありますが、手袋とは安全に釣りをするうえで重要な装備の1つだったりします。

手袋をつける理由

手袋をつける理由としてまず1番大事なのが釣り針や魚から手を守る為です。誰しも釣りをしていて針が手に刺さりそうになったり最悪貫通してしまったことのある方もいらっしゃるかと思います。私も1度返しまで刺さったことがあります。痛いのはもちろんのこと、最悪菌が入って救急車を呼ぶことになる可能性も十分にあります。手袋をしていたら絶対刺さらないかというとそういう訳にもいきませんが大事に至る可能性を下げることは出来ます。

そして針以外にも魚の棘や牙からも手を守ることが出来るので安全に釣りをするうえではかなり重要な装備の1つとなっております。

釣り手袋の効果

釣りの手袋は怪我から守る以外に冬場の釣りには必須アイテムです!

皆さんは極寒の中素手で釣り出来ますか?私には無理です

特に冬場はアジングやメバリングなどのライトゲームをよくします。手がかじかんでしまうと繊細な釣りは何をしているかわからなくなり、キャストもうまく出来ず魚が掛ってもリールが巻けないこともあります。

なので手を怪我から守る以外に防寒にもうってつけなアイテムとなっております。少しでも快適に釣りをしたいですよね!

私は夏用と冬用で2種類所持しております!

冬場最強の釣り手袋

私の所持している冬用の手袋はチタニウム(チタン合金の超極薄フィルム)を使用している保温力の高い手袋です。

それまでは夏に使っているようなペラペラな手袋で指先が空いているものでやっていたんですがこれに変えてからは圧倒的に冬場の釣りが快適になりました。

このグローブはラインが結べるように指三本分ほんの少しだけ先っちょが空いているような作りになっております。密着力も高く少々値段は高いですが快適に釣りを出来るようになります。

サイズ感は手の小さい私にはSサイズがピッタリでした。大きさ的には女の子より小さかったりします。一般的な成人男性の手であればMとかでいいかと思われます。伸びる素材なので多少小さくてもいい感じにフィットするかもしれませんね!

まとめ

上記でご紹介した厚めの手袋ですが、真冬以外にも晩秋や春先まで全然使用できます。

流石に春を過ぎると手汗がやばいので薄手の出袋をお勧めします!

それでは皆様良い釣りライフを!

ABOUT ME
kirkculture
釣り歴10数年の経験の元いろいろと役に立つ情報を発信できたらなと思ってます!!
他に読まれている記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です